2008年03月27日

高松宮記念【枠のからくり】

中京開催最終週の高松宮記念。外枠の差し馬優位という定説?確かに普通に考えればそうかもしれないが波乱が起こるならば反対を狙うべきか?
 
 
昨年のヴィクトリアマイル。差し馬勢が有力視されて、内は荒れてた。それでほとんどが外へぶん回し状態。それと反対にコイウタ、アサヒライジングがロスなく内々を回っての大波乱劇。3連単は20,000倍を超えてるからたまらない。
 
 
このレースも直線でこういうことがあってもおかしくはない。前に行きそうな不人気馬…。プリサイスマシーンなんてどうでしょう中山記念からの短縮でいいかも?あとはナカヤマパラダイスか?まあ、内に入ったらを前提に話していますのでこれは枠順決まって吟味していこうと思います!
 
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
posted by Rahy at 11:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 週末へ向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

私はワク順を気にするとまったくダメですね。だからって気にしないで当たるワケではないですけどw。
今年の馬場は思ったより荒れていないとのことなので先行勢が有利。当然ワクの有利不利も…ってことは狙いは内?その考えは正しいかもしれませんね。
Posted by たっちん at 2008年03月27日 20:16
(たっちんさん)
こんばんは〜。
 
確かに枠の有利不利はあるはずですがそれだけではレースは決まらないでしょうからね…。あくまで展開をイメージするにはいいかなっていう思いです。特に差し、追い込み馬に有力どころが多いと逃げ馬を追いかけたくなるみたいな感じでしょうか?
Posted by ラーイ at 2008年03月27日 22:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。